ベイズ推定に関する心理学的アプローチ

 
人間の直感に反するベイズ推定の例として
下記ゲームがしばしば論じられます。


3つの箱に1つだけ当たりがあります。
あなたは当たりだと思う箱を1つ選びます。
司会者は残りの箱のうちハズレの箱を1つ開け
「選んだ箱を変えてもいいよ」と言います。
さてあなたは選んだ箱を変えるべきか否か?


我々の直感に反し
これは選択を変えたほうが当たる確率は高いです。

なぜなら最初に選んだ箱をそのまま選んで
当たりである確率は1/3ですが
箱を変えて当たる確率は
最初に当たってたら、変えれば確実にハズレで、
その確率(最初に当たってる確率)は1/3
最初にハズレてたら、変えれば確実に当たりで、
その確率(最初にハズレてる確率)は2/3です
つまりだいたいハズレてるのだから箱を変えたほうが確率は高いわけです。

でもこのゲームに参加したら
「いや変えません。自分を信じます!」
と答えてしまいそうです。


しかしこういうルールならどうでしょう。

3つの箱に1つだけ当たりがあります。
あなたはまずこれはハズレだと思う箱を1つ選びます。
司会者は残りの箱のうちハズレの箱を1つ開け
「当たりだと思う箱を選んでいいよ」と言います。
さてあなたは選んだ箱を変えるべきか否か?


これならばあなたは迷わず
「よし、じゃあ残りが当たりだろう」
と推測し、選択を変えるでしょう。
よもや最初にハズレだと選んだ箱を
「さっきはハズレだと思ったけど
 やっぱり当たりな気がしてきたので変えません」
とは考えにくいでしょう。


つまりベイズ推定において
人間に誤謬を与えているのは
「自分の直感を信じてしまう」
あるいは
「直感を信じないで損したら悔しい」
という性質です。


最初の箱の選択はランダムに過ぎないと考えれば
それが当たりである確率は低いので
残った箱のほうが確率が高いと考えられそうですが
最初の箱の選択に直感・神の意思・運命を感じてしまうと
ついその選択を信じたくなってしまうようです。



恋愛なんて特にそうかもしれません。

3人の男がいます。
あなた(女性)はその中から運命の人を1人選びます。
神さまが出てきて残り1人をハズレだと教えてくれました。
あなたは選択を変えますか?
それとも運命を信じますか?


なぜ人の身長は正規分布になるのか?

算数の授業で
「人の身長やテストの点数は
 まんなかがぽっこりして、はじっこが少ない
 正規分布になる」と習います。

これのリクツを私なりに考えました。



「サイコロを何回も転がすと
 だんだんどの目も同じ回数になってくる」
というのも算数で習いますね。

では
「サイコロ5つを転がして出た目の和」
はどんな分布になるでしょう。



やってみると
だんだん正規分布っぽくなってきます。

サイコロの出た目の和は正規分布っぽくなる

直感的にも、例えば和が30になるには
全部6を出さなくてはいけないので大変です。

同様に和が5になるには全部1を出さなければ
いけないので大変です。

全部3を出すのも大変ですが
全部3が出たときの和15は
(1,3,5,2,4)とか
(6,6,1,1,1)とか出し方に
色々バリエーションがあります。

結果、まんなかぽっこりの正規分布
になってきます。




これと同様に
人間の身長もいろんな要素が絡んできます。

・よく食べるか?
・睡眠十分か?
・父親は背が高いか?
・母親は背が高いか?
・おじいちゃんは?おばあちゃんは?

これら身長が高くなる条件を
全て満たすのは大変ですし
逆に全てを満たさないという人も珍しいでしょう。

よって、それら条件を足し合わせた結果としての
身長は、正規分布っぽくなる

と考えられます。たぶん。

excelによるエントロピー増大の法則(熱力学第二法則)シミュレーション

excelによるエントロピー保存則(熱力学第二法則)シミュレーションの説明

温度の異なる三体A・B・C間で生じる熱移動&温度変化を

・エントロピー増大の法則(S > 0)に従う場合
・エントロピー減少の法則(S < 0)に従う場合
・一切従わない場合

についてエクセルでシミュレーションしました。
excelダウンロードはこちら

-----------------------

まず、温度の異なる三体A・B・Cの間で想定される
熱移動のケースをいくつかランダムに用意します。
例)
ケース1(Qa,Qb,Qc) = ( 0.9,-0.2,-0.7)
ケース2(Qa,Qb,Qc) = (-0.5, 0.2, 0.3)
・・・・
ケース1はBが0.2、Cが0.7熱を奪われ
Aが0.9熱くなったことを表します。

ランダムなので、温度の低いものから高いものへ
熱が移動してしまうケースも含まれています。
また熱は必ず3体間でやりとりされるので
増減足し合わせるとゼロになります。(ΣQ = 0)

ここで、各ケースについてエントロピー変化Sを
計算します。この場合

S = Qa/Ta + Qb/Tb + Qb/Tb

となります。このとき・・

-----------------------

【エントロピー増大の法則あり】
Sが正の場合のみを採用していくと
温度が自然と落ち着いていきます。

【エントロピー減少の法則あり】
逆にSが負の場合のみ採用していくと
高いものはより高く!低いものはより低く!
なっていきます。

【法則なし】
熱移動に一切法則性がないとすると
温度はランダムウォークします。
excelによるエントロピー保存則(熱力学第二法則)シミュレーション

エントロピー増大の法則があってよかったですね。

死刑が抑止力になってない件

自暴自棄になってる人にとって
むしろゲームの電源をOFFしてくれる
便利な装置になっちゃってないか?

最後の1機で、装備もぼろぼろで
こりゃどうやったってクリアできないわー
ってときに、もってるアイテム使い切り
敵機に突っ込んで
「あーせいせいしたー」
とゲームの電源を切るような犯罪
多い気がしますねーー

共同体が電源OFF制度を用意しているばっかりに
そこから逆算した犯罪が生じるくらいなら
電源OFFなど廃止したほうがいい。

では自暴自棄な人を社会はどう抱えていけばよいのか?
生かさず殺さず?ムツカシイなぁ。

認知的不協和とは

認知的不協和
という話がでて、wikiとかもみたけども
どうもしっくりこなかったので
自分メモ。

認知的不協和

例えばAさんが先週洋服を買ったとします。
Aさんの気持ちは
「先週かわいい服を買って満足♪満足♪」
と安定しています。
(安定した状態)



ところが、ここで
「買った洋服がセールに出てるらしい」
という新情報が舞い込んだとします。

このとき、Aさんの
「かわいい服みつけちゃった!」というHappy気分と
「もう安くなっちゃってるらしい・・」という外界からのBad情報
との間で不協和が生じています。
(認知的不協和状態)



ここで、Aさんはまず
Bad情報の真偽を確かめるよりも
「何かの間違いだろう」とか
「どうせキズモノのセールだろう」とか
認識レベルで解決し、Happy気分を維持しようとします。
(認知的解決)



しかしそれも
「みんな買ってるらしい!」や
「街でも同じ服みかけた!」などの
さらなる外界からのBad情報で、
認識レベルでの解決も限界に達します。
(認知的解決の限界)



そうすると、さすがのAさんも
いてもたってもいられず
「確かめに行こう!色違いを買おう?」
と実際に行動をおこして解決しようとします。
(外的解決)


人は理想と現実との差を
実力行使で埋めるよりもまず
考え方レベルで修正して満足しようとする
ということかと。

例えば
「あのブドウはまずいに違いない」とか
「そもそも私はそんなものはほしくなかった」とか
「出世したからって幸せになるわけじゃない」とか。

ベーシックインカム!

ラジオでずいぶんオモシロイ議論になっていたので記す。


人頭税ならぬ人頭給付をなせと主張する
ベーシックインカムなる政策について
その主要な論者である堅田香緒里さん(博士課程)
にお伺いするという話。



Wikiおよびググる限りでの彼女の著述を見る範囲では
現時点で政策としてまともに考慮しうるものではない
ことは明らかである。

彼女らがしたいのは
ベーシックインカムの実現ではなく
ベーシックインカムという道具立てで
人間の尊厳とか権利とかについて問い直したい
哲学したいということだろう。



だから
彼女にその実現方法とは?とか
具体的な給付額は?とか問うのは筋違いだ。

逆に言えば仮に本当にベーシックインカムなるものを
実現しようというときには彼女らの議論はあまり役にたたないだろう。
政策としてのベーシックインカムと
思想としてのベーシックインカムはまったく別物だ。
(なにしろ数字の話が一切出てこない!)



とはいえ論壇ではなく、FMラジオに出たならば
上述の問いは当然予想されるのだから
もうちょっとよい回答を用意しておくべきだろう。


「負けない議論」ではなく「創造する議論」の方法を
担当教授さんはちょっとずつ教えてあげる必要が
あるのではないかなぁ。

グノーシス主義概要

ある占い師さんの話で

「答えは本人が知っている。
 ただ常識やプライドや臆病さが答えを見えなくしている。
 私はそれらを取り除き、気づかせてやるだけだ。」

というのを聞いて
『あそれってあれににてるなーあのーえっと』
と思い出せなかったのでぐぐって調べなおした。


図表1にグノーシス主義の概要を示す。
なお整理にあたっては下記URLを参照した。
http://homepage3.nifty.com/mirandaris/gnosis.html

図表1グノーシス主義概要




すなわち
この世は、全能の神が作り出した理想的な世界などではなく
偽の神が作り出した貧困・差別・残虐のうずまく悪の世界である。

我々は真の神の破片である霊性(プネウマ)をもつ者として
この状況を知性と認識の力で打破しなければならない!!

救済は「祈り」ではなく「知性」によってもたらされる!
というのがグノーシス主義のラジカルさでしょうか。

テクノロジーの恣意的発展について



おいっこのはるくんが
創作オリガミが大好きなので
小さいころ好んで読んでいたオリガミの本を
あげようと、本屋さんにいく。


大人のオリガミとか流行っているから
どれだけ進化してるのかと思ったら
ろくなのがない!

アンパンマンを作ろう!っていって
丸いの4っつ作って顔と鼻と両ほっぺにするなんて邪道だ!

昔読んでたのは、幼稚園のときに
デパートでやってた「大オリガミ展」
で買ってもらったもので
童話や昔話のいろんな場面を
きれいな千代紙で作ってるなかなか格調高いものでした。

目鼻口のある花咲じいさんの顔を一枚のオリガミで
作るようなとってもエレガントなものでした。

画像はその本に載っていて
今でもそらで作れる「狐と鶴のご馳走」の場面の鶴。

学校でみんなで鶴を折るときに
一人だけ違うの折ったらかっこいいと思って
覚えました。そんな場面はありませんでしたが。

だれかこの本知りませんかーーー?
1万で買います!
表紙は確か一寸法師です。


表題は
技術はかならずしもどんどん進化していくわけじゃないんだなぁ
と思ったからです。

例えば
深海にはまだ無数の新種の生物がいますが
解明が進まないのは「解明しても意味がない」からです。

研究し甲斐がある、すなわち研究費として予算がつくのは
マグロやカニなど食文化に影響する生物だけなんだと
水族館の人が言ってました。

これが「深海生物は化石燃料に変わる代替エネルギー」
となったら、一気に解明が進むでしょう。


同様に
コマをまわすと、その軸が地面と一定の角度をとりながら
円を描くように動き回る現象(確か歳差運動?)
についても、大槻教授の言を借りれば
「解明しても物理学を大きく揺るがすことにはならない」(要出展)
ため、解明されないそうです(当時)。


リニアに進化しろとは言わないまでも
後退することないじゃん!
オリガミ!

心技体は手段であって目的ではない

相撲における「心」とは
休場のとき、自宅でおとなしくしてることではなく
連続優勝というプレッシャー下でも実力を発揮できる心であり
戦う前から勝負を決めるがごとき、漲る闘争心のことである。

仮に朝青龍に心技体がそろっていないならば
そろっている力士によって土俵上で駆逐されればいいだけかと。

プロスポーツ選手に見せてほしい心は
お行儀のよい道徳心ではなく
勝つことに対する執着心と総毛立つよな闘争心だ。

ダルビッシュもしかり。
マウンド上での強さ・闘争心はお行儀の悪さを差し引いても
十二分にロールモデル足りうる。

はみげもの

ぜんぜん昔のはなしですが・・

日本の学生さんがテロリストに拉致られたとき
なんてばかなことをという空気になった。

ときの政府も「ばかなことを」という感じ。

僕が首相ならこう言いたい。


こんな情勢下でイラクに行くなんて
あの日本人はまったくもってばかだと思う。
だが我々日本政府は彼を全力で守る。


はみでものをはみでものとして認識したうえで
それでもそのはみでものを守る。

それくらいしなやかであってほしい。


もう寝よう。(仕事は?)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM