<< mb_convert_kana_variables | main | 受けてみたフィンランドの教育 2 >>

受けてみたフィンランドの教育

---------------------------------------
受けてみたフィンランドの教育 (文芸春秋)
実川 真由 (著), 実川 元子 (著)
----------------------------------------

北欧への興味が盛り上がってきたので
買ってみました。

フィンランドの高校に1年間留学した女の子の体験記です。


留学中のできごとを、エッセイ調に記した娘の文章と
その背景にある歴史や、社会制度などの情報を補足する母の文章とを
交互に配した構成は子気味よく、テンポよく読めます。



そして親子ともども文章がうまい!

母・実川元子さんは翻訳家・ライターなので
当然うまいのだが娘もうまい。
構成・言葉選びのセンスがとても感じがよく
するする読める。



フィンランドの教育システムの情報としても
知らなかったこと満載で、ふむふむなるほどーな本ですが、

何より、この家族の底辺に流れる、
静かで確かな信頼関係・家族愛が、ひしひしと感じられ涙ぐみます。



母のパートでは、親子ケンカのときに
娘が閉じこもる部屋のドアを
母が蹴破ったエピソードなども語られますが
何か感じがよいのは
本気で向き合ってきた親子関係が垣間見えるからでしょう。


娘の素直で屈託のない文体には
この子が、確かでゆるぎない関係の中で育ってきたこと、
文字通り「見守られて」育ってきたこと
がうかがえます。



こういう感じのよい家庭が、
今日本で減っているのか増えているのか
わからないですが、なんとなく
「フィンランドもいいけど、日本もよいな」
と思わせられました。



そして親子ともども美人。これも重要。



オススメ!

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM